ビールとお肉はたっぷりとってます

12月も年の暮れの寒い季節です。まずは減量をはじめた動画の青年のように朝はバナナ、昼は家に居ればおにぎり2こ、外出中ならコンビニのサンドイッチと鶏の唐揚げ、夜は鍋物の献立ではじめることにしました。年の暮れはどこもお休みなので用事ついでに400mランニングするような機会はなかったので、かわりに家の近くで小学生以来の縄跳びでもしてみることにしました。はじめは20回ほど、できることがわかれば30回にして50回まで増やしました。50回も跳ぶと丁度良い汗をかきました。家にもどり楽しみの晩御飯の時間です。私はダイエットをはじめてもアスリートではないのですから、晩御飯ではお酒とお肉はがまんせず十分とることに決めていましたので、ビールを飲みながら鍋の野菜や豚肉、鶏肉を食べましたが、今までのようにお腹がはち切れんばかりにいっぱい食べることはせず腹八分で抑えることにしました。

そこでダイエットはじめて1日目に気づいたことがあります。一口目のビールがおいしい! ビールってこんなにおいしかったかな? と思いました。これまでビールについては海外メーカーのビールの味はだいぶ違いますので違いはわかっていましたが、国内四大メーカーのビールについては発泡酒であろうが何であろうがビールはお付き合いでまず一杯目に飲む飲み物であって、ビールはビールという感じで正直どのビールがおいしいとかわからなかったので好みもありませんでした。これまで自称美食家気取りが笑われてしまいます。それが今回ビールっておいしい飲み物なんだと気づいたのです。あぁ大地の麦の香りがする~、おぉ~大地の恵みよありがとう! おいしくてお腹が満たされる~、なぜこんな透き通るような黄金色をしているのだ、世の中にこんなおいしい飲み物があったなんて! とこんなぐあいの感想でした。おそらく朝と昼を抑えめに摂取していましたので、夕食に足らないエネルギーを一口目にビールでとることによって自然と体が麦の恵みに反応したのだと思います。あぁそうなんだ、麦ってエネルギーなんだぁ! ビールってエネルギーなんだ、体ってエネルギーを欲っするものなんだ! とまるで映画の風と共に去りぬの前編ラストシーンのスカーレットのような気分になりました。冷静に考えると、普通のビールってカロリーあるんですよね。ビールっ腹とかビール飲みすぎたら太るとかよく聞く言葉ですが、あぁそういうことか、ビールって一見飲み物であるけれども、ていのいい簡単に摂取できるエネルギー源なんだ、あのフランスのジャンヌ・ダルクや、映画ブレイブハートのメルギブソン主演のスコットランド独立戦争時のウィリアム・ウォレスや兵士達も、城攻め前の休息の時には牛乳のほかにビールでエネルギーをとっていたのだろうか? とビールの味を味わいながら歴史のワンシーンに思いをはせてみました。

ビールのカロリーを調べてみますと中ジョッキの大きさにもよりますが、だいたい中ジョッキ1杯分500mlで205kcalほどあるみたいですね。ご飯普通盛り1杯分140gがおよそ235kcalですので、ビール中ジョッキ1杯分でご飯1杯分近くのカロリーと考えると、小腹を満たすにはちょうど良かったのかもしれません。参考資料は文部科学省の「日本食品標準成分表2015年(七訂)」

ビールの話をすれば次はお肉ですね。私にとってお肉はダイエットをするうえで必要不可欠です。お肉は明日への活力になります。お肉をとらなければ力が湧いてきませんので、お肉はとるようにしています。お肉のかわりに魚でも大丈夫ですが、コンビニでお肉はすぐに買って食べれますのでお肉のほうが便利ですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください