風邪をひいたとき栄養たっぷりの温かいスープを飲んでみた

2017年大晦日、クリスマスから一週間ほどで体重は1㎏ほど落ちました。これまで長年年を追うごとに増えてきましたから、1㎏でも落ちたことに驚きました。1日50回の縄跳びと腹八分の食事の効果が初めて目に見えた時でした。私は1日のうちで朝食前が一番体重が減り、夕食後が一番増えるサイクルでしたが、周りでは夕食前が一番減っているという人をよく聞きました。私は昼間に700gほど増え、風呂から出た時に500gほど落ち、夕食で1㎏ほど増え、睡眠中に1.2㎏ほど落ちるというぐあいです。おそらくよく水分をとるのでお風呂に入っている時や睡眠中に水が抜けていくのではないでしょうか。それにしても増減幅がちょっと極端な気がしましたがそもそも90㎏の体なのでそんなものなのかなぁと思いました。

大晦日の日は夕食を食べたあと、年越しそばを食べました。これで腹八分を超えてしまいましたが仕方ありません。正月三が日はおいしいものがでてきますので、特にお酒が飲みたくなります。三が日は腹八分を超えてしまいましたが、少し体を動かして運動をしました。縄跳びは100回までできるようになっていました。100回までできるようになると欲がでてきて片足ずつリズミカルに跳ぶボクサー跳びを見様見真似でチャレンジしました。始めは躓いていましたが2、3日目には不思議と100回跳べるようになりました。縄跳びのかいあって三が日の三日目には3㎏落ちていましたので87㎏になりました。この正月休みの間、よく食べよく飲んだのでどうなることかと思いましたが、心持ち若干セーブしていましたので減量効果が表れたのだと思いました。

この頃には私の中で何かが変わりつつありました。1日1回は体を動かさないと気持ちがわるい。どうしても少しは体を動かしたい。体を動かした後のビールが飲みたい! と思うようになりました。三が日の三日目は友人達と豚しゃぶ鍋の飲み会がありましたので、その時の話の中で2018年今年の年末までに目標を76㎏にすると話のついでに言いました。まぁできない目標でもなかったし、このままいけば届くかなと思いましたし、76㎏ぐらいがちょうどよいのかなぁと思いましたので、適度な目標を見つけることができました。飲み会のあと家に帰ると夕食前より1.5㎏増えていました。私の予想では2㎏は増えたのではなかろうかと思っていましたので、まずはよかったなという気持ちでした。でも飲み会後のリバウンドはどうしても仕方ありませんね。たまにはおいしい物を食べないと体も心も持ちませんので、落としてリバウンド落としてリバウンドと徐々に落としていくリズムになるのではないかと思いました。

正月三が日も過ぎて通常どおりに戻ると、用事のついでに目的地まで1日400m走っていく生活が始まりました。400mでも適度に汗をかきましたが冬ですのですぐに汗はひきました。まぁ何となく走れるな、という気持ちでしたが毎日お腹が空きました。そうこうしているうちに風邪をひきました。日頃よりよく風邪はひくほうなのですが、ちょっとしんどくなってきましたのでランニングは止めました。風邪をひいて二日目で食欲が落ち、体力が消耗していっているのがわかりましたので、特製肉汁スープを作ってそれだけ食べました。体力回復と喉の痛みをやわらげるためにスープは全部飲み干しました。それだけ食べただけなのでリバウンドの心配はありません。食べたあと風邪薬を飲んで寝ました。予想では体重は落ちるだろうと思いました。次の朝体重を量ると2㎏増えていました。予想外の結果だったので驚いたというか少しショックでした。あれだけ体力が消耗しているのになんで!? と思いました。ダイエットを始めてからこれまでとの違いといえば、風邪をひいてランニングを止めたことと、お汁を全部飲み干したことです。栄養たっぷりのお汁は全部飲み干すと太りやすいとかは何となくわかっていたつもりですが、まさかこんなに私の体に吸収するとは想定以上でした。肉を煮込んだスープはやばい、お汁って液体だから栄養を体に吸収しやすいのかなぁ? 弱った体の人や病人への点滴って効くイメージあるし、ダイエットをするのであれば、これからスープを全て飲み干すことはなるべく控えめにせねばと思いました。

さて、何日目で風邪が治るかわかりませんが、回復するにつれて食事の量も増えていくと思いますので、風邪が完全に治った時には相当リバウンドしていることでしょう。体は生き物ですから、体調にはいろんな変化がありますね。ダイエットって簡単なようで難しく、山あり谷ありですね。

( ※個人の体験談の感想であり効果・効能を示すものではありません )

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください