私の例では最初の3ヶ月体重を10㎏落とすまで軽い筋トレとランニング

2月もおわり、気温は少し暖かくなってきました。キャベツにはまっていた期間もおわり、次はレタスにはまりました。キャベツのほうが安かったのですが、この時期のレタスは特に高かったです。安くなるのを待てばよかったのですが、気分転換でレタスを食べてみました。レタスを調理して思いました。キャベツの千切りと違い手間がかからない、レタスの芯を包丁でばっさり切って、後は手でちぎるだけ、十分水洗いしてから、後はいつもの「やさしお」と「和風ドレッシング」をかけるだけです。今の私にとってこれがうまい! 歯応えもあってなんておいしいのでしょう、レタスってこんなにおいしかったかな~、お腹がすいているからよりおいしいのだろうなあ~、やっぱ野菜は緑の野菜に限るな~と思いながら空腹を乗り切りました。

ダイエットをはじめてからの楽しみは、たまに昼間に空腹を乗り切ってから、夕食に行きつけの店で炭火で焼いた合鴨もも肉1本を食べることです。それと料理が出てくる前の瓶ビールです。ビールって1口目がなんか体に沁みますよね。合鴨もも肉は1本でちょうど腹八分になります。合鴨の独特の歯ごたえと同時に噛みしめたときの脂身を含んだ肉汁の風味がたまりません。ダイエットをはじめてから変わったことがあります。従来脂身が多いところはそれほど好きではなく、ダイエットする以前に何度か2件目でこの店に寄った時に、既に腹が半分満たされた状態で寄ったものですから、脂身を食べたときはちょっと「おぇっ~」となりました。あ~そうなのか~、私の場合は腹が半分でも満たされた状態で脂身食べたらこうなるんだな~、と勉強になりました。しかしダイエットをはじめてから、お腹がすいているときに食べる脂身のおいしさと言ったら、もう~たまりません。うぉ~! 脂身がうまい~、ヒデキではありませんが「ヒデキ、感激!」といったところでしょうか、だいぶ古いですが。消耗した体には栄養を吸収したいが為に脂を欲する何か理由でもあるのかな~、と思ってしまいます。

そうこうするうちに、3月もおわりに差し掛かりましたが、肝心の体重は77㎏のまま一向に減りませんでした。ダイエットをはじめてから1ヶ月の間で落ちなかったのは今回初めてとなりました。それどころか、76㎏台の良いところにたどりついたのもつかの間78㎏台へ増えたりして増減を繰り返す始末です。腹八分に抑えることと、1日400mランニングはずっとこなしていますが、この77㎏ラインが私にとって一つの壁となりました。どうも私と同じぐらいの身長の同世代の知り合いの何人かも75~77㎏あたりで増減を繰り返しているようです。これらの体重といえば、おそらくBMI(体格指数)は普通体重(18.5~24.99)近くの25前後ではないでしょうか。ほどほどの体重ですので、落とすのが難しく、ちょっと油断すればすぐに増えてしまう体重なのかも知れません。同世代の知り合いの中から最近ズボンがきつくなったとよく聞きます。しかしちょっとぽっちゃりぐらいが健康には良いかもしれませんね。

ダイエットをはじめて3ヶ月経ちましたが、私はこの3ヶ月筋トレは軽めに抑えてきました。筋トレに凝りすぎると筋肉がつき、筋肉の重さでダイエットしにくいのではないかと、ダイエットすることが初めてのことですから、ダイエットするノウハウがなく、どれだけ筋トレすれば良いかわからなかったのです。しかし、今では体重を10㎏ほど落とす経験ができて、少しは要領がわかってきましたし、周囲から変に気を使われて心配されたりするのも面倒なので、もう少し負荷のかかった筋トレをすることにしました。といっても、400mランニングする前に5分ほどちょっと筋トレする程度ですが、筋トレってけっこう疲れますね(汗)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください