自然と会話が増える

4月になりました。桜もきれいに咲いて、天気の良い晴れの日は気持ちが良いです。10年ほど前に買って2、3ヶ月ほど使ってから、そのままずっと使わずに置きっぱなしにしておいた10㎏のバーベルを10回ほど持ち上げました。持ち上げるたびに徐々に腕の筋肉が疲れてきますので良い感じです。左右の腕片方ずつ持ち上げたらおしまいです。ずっと昔3㎏のバーベルが家にあったのですが、50回持ち上げるのが面倒だったので、10年ほど前に10㎏のバーベルを購入しました。軽い筋トレがおわったら400mランニングです。日頃から炭酸水をよくとってきましたが、天気がよく気温が上がってきたからかもしれませんが、空腹の合間にはポテトチップスとコーラーをよくとるようになりました。私にとってポテトチップスの塩分と油っこさ、コーラの炭酸と甘さが空腹にはたまりません。まあ調味料はどれも大切だと思いますが、塩に油に砂糖に炭酸! 炭酸はスカッとさわやか感を感じ取れるのでしょうが、塩に油に砂糖はたぶん体の消耗を補うのでしょう。

昔の80年代の「武田信玄」という大河ドラマで隣の駿河の国から塩の流通を止められてしまい、甲斐の国の金山の鉱夫さん達が「お願げーしますから、塩をくだせー」と叫んでいました。まもなく甲斐と駿河が和睦して塩が入って来るや否や、鉱夫さん達は「ありがてー」と塩を鷲掴みにして食べるシーンが、あの頃子供ながら印象的でした。なんで塩が必要なんだろう、僕ってそんなに塩をとったことないぞ、と思っていましたが、今思うと学校の給食や家の食事にもあらかじめ塩がかかっていたと思いますから、普段から体内に塩が不足していなかったのでしょう。栄養のバランスって大切ですね。といいながら間食でカロリーのあるポテトチップスを食べてコーラを飲んでいますが、私の中では日頃から腹八分にセーブしていますので、ポテトチップスやコーラも栄養補給の一つと捉えています。もともとダイエットするうえで、アルコールやお肉も十分とって、自分の好きな物をほどよくとりながらダイエットする方針でしたので、1日トータルで腹八分に抑えれればいいや、という思いです。

4月上旬の頃は、たった400mのランニングですが、ランニング最中、とにかく負荷がほしい、負荷がほしい、という思いでした。普通運動をしていない人は不思議に思われるでしょうが、上り坂がだんだんとクセになるんです。筋トレの負荷は好きではないのですが、ランニングの負荷はないと困ります。上りきった後が清々しいという気持ちでした。ですので、もし平坦な道だけならすぐに飽きて走らなくなるだろうな~と思いました。なら平坦な道でスピードを上げて負荷をかければ良いじゃない、と思うかもしれませんが、走り始めて3ヶ月とはいえ40代です。そして長い間大きなブランクがあったからなのでしょうが、私はスピードを上げることができないのです。正確にいうと、心臓もドキドキして全力疾走のつもりですが、なんとスピードが上がらないのです(驚) なので今がほぼ全力疾走なのでした。

体重は変わらず77㎏のままです。ある時、ある顔見知りの人から声をかけられました。「聞きましたよ、ダイエット中なんですってね」。私は「これまで気を使われていたのかもしれませんが、ランニングしてダイエット中です」と答えました。私は思いました。やっぱり13㎏も痩せるとわかるものなんだな~。今は停滞中ですが、それでも周りから気づかれていることを実感できてちょっとうれしかったです。現在一日一日増減の攻防中ですが、さて、どうなる事やら。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください