消費カロリーは5㎞で360kcalでした

私の場合、消費カロリーは5㎞コース走って360kcalでした。これだけ汗をかいて、これだけ消耗したら、これくらいのカロリーを消費することがわかりました。ウォーキングする人も、消費カロリーを意識しながら歩いていると、よく聞きますが、ランニングとウォーキングとでは、消費カロリーにいったいどれだけの差があるのだろう。ちょっと調べてみるとことにしました。

ふ~ん、ふむふむ、なになに、消費カロリーを計算するには、METsという単位を使う、う~ん、なんか難しそうだな~、METs とは

「 メッツ  metabolic equivalents

直訳:新陳代謝の相当の値

訳:身体活動の強度を表す単位 」

という意味みたいです。

( 参考資料 :  weblio 英和和英辞書 metabolic  equivalents )

通常歩行の時速約4㎞で3METs

やや速足の時速約5.6㎞で4.3METs

かなり速足の時速約6.4㎞で5METs

ランニングの時速約8㎞で8.3METs

ランニングの時速約8.3㎞で9METs

ランニングの時速約9.6㎞で9.8METs

ランニングの時速約11.2㎞で11METs

です。

( 参考資料 : 身体活動のエクササイズ数表 厚生労働省2013 )

ここで気づかれる方もおられるでしょうが、単位はMETs(メッツ)という聞きなれない言葉ですが、速度が上がるごとに、なんとなく時速と比例してMETsも上がっていき、時速8㎞を超えると、多少の差はありますが、METs値は時速とほぼ近い値に思えます。

そうですね。もし、METsの単位を忘れてしまったり、ややこしい場合は、時速さえわかれば、多少の差を気にしなければ、簡単に計算ができますし、理解もし易いです。簡易の計算式を紹介しますと、

「 消費カロリーkcal = METs × 1時間 × 体重㎏ × 1.05 」です。

( 参考資料 : 運動消費カロリーでは安静時の消費エネルギー(1METS ) を差し引いているが    国立健康・栄養研究所 )

この簡易計算式をさらに超簡単に考えてみますと、例えば、時速8㎞で1時間、50㎏の体重の人が走りました。METsと時速の値はだいたい同じなので同じと考えて、

時速8㎞×1時間×50㎏×1.05の1.05は1と考えると、これで超簡単になりまして、

時速8㎞×50㎏となり=約400kcalになります。

現在私が時速10㎞で30分走っている5㎞コースを単純計算してみますと、

時速10㎞×0.5時間×72㎏=約360kcalです。

ここであることに気づきました。

あれ~、じゃあ、普段私のランニングスピード時速10㎞の半分近くの6.4㎞の速足のスピードまで落として、時間は倍の時間走った場合の消費カロリーはいったいどうなるのでしょうか。

時速6.4㎞は5METsなので今回は5METsで計算してみると、時間を倍の1時間にして、体重72㎏をかけて計算すると5METs×72㎏で答えはおよそ360kcalになることがわかりました。

あら~、速足の時速6.4㎞で1時間かけて早歩きすれば、私の時速10㎞で30分ランニングするのと、消費カロリーが同じだなんていったいどういうことなんだろう、と思いましたが、ちょっと冷静に考えてみれば、時速6.4㎞の速足で1時間も歩き続けるほうが、かえってしんどいのかもしれません。人によって速足が好きな人とランニングが好きな人に分かれるとは思います。

ということは、ウォーキングの人が通常歩行の時速4㎞で、私の時速10㎞ランニングの5㎞コースと同じ360kcalを消費しようと思えば、歩く時速4㎞は3METsなので、

3METs×1.67時間×72㎏=約360kcalですね。

時速4㎞なので、時速4㎞×1.67時間=歩いた距離6.68㎞になりました。1.67時間は約1時間40分ですから、歩きの人は約1時間40分かけて6.68㎞の距離を歩き続けて、360kcal消費することになりますね。

時速4㎞で歩くのは、通常は楽に歩けますから、ウォーキングが好きな人なら、2回に分けて、1時間40分は100分ですから、仮に50分ずつに分けて、距離は6.68㎞の半分の3.34㎞の距離を50分かけて歩けば、2回目で360kcal消費したことになり、時速10㎞の30分ランニング相当分になりますね。

そう考えると、なにも時速10㎞もだして、しんどいランニング5㎞コースを30分も走らなくても、散策がてら50分ほどのウォーキングを2回すれば、楽しみながらカロリーを360kcal消費できるわけですから、考えてみたら、ウォーキングって良いかもしれません。

これで一応ランニングウォッチのデータを参考にすることができました。参考にして走るのと走らないのとでは、やっぱり違いますね。これまでよりランニングの面白さが増したように感じます。私は今のところ1周5㎞のコースを6分/㎞の時速10㎞で走るのが精一杯ですが、データーを知ることにより、走りながらますます疑問に思うことがでてきました。

時速11㎞とか時速12㎞とかは同じ5㎞コースであれば、まだ訓練すれば届きそうな感じはするのですが、マラソン選手の時速20㎞で42.195㎞を走るとか冗談でしょう、と思うのです。いったいマラソン選手と普通の人とでは、体のどこが違うのだろうか。心拍数とかどうなっているのだろうか。興味が湧いてきました。ちょっと調べてみるのは、のちほど落ち着いてからにしようと思います。肝心の体重は、私の場合5㎞コースを走った後、およそ700g落ちていました。さあ体力消耗した分いつものように、補給しようと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください