足首を痛めて2週目に入りました

10月下旬に入りました。足を痛めて2週目です。1週目より2週目のほうが痛いです。そりゃ足を痛めているのにもかかわらず、2日前の週末に10㎞も走ったのですから今考えれば無茶なことをしました。水曜日ぐらいになると痛みは少しずつマシにはなりました。週末まで待って、もう10㎞は走れませんから次は5㎞を走ってみて、もう1度大丈夫かどうか様子を見てみよう、そろそろ病院へ行くかどうか少し頭を過ぎりました。

ランニングを始めて10ヶ月以上が経ちましたが、これまで着の身着のまま、もともと家にあった服を着て靴を履いてランニングしていました。何もこだわる事なくただ家にあった物を使っていましたが、ここで初めて、私の靴ってどうなんだろう、と眺めてみましたが、内心「おせ~よ」と叫んでしまいそうになりました。なんと、右足の靴の内側が少し破けていました。まあこれが直接の原因だとは思いませんが、あ~もうそろそろ破れるかもわからないな~、程度としか考えていませんでした。この靴は2年ほど前にGUで買った動きやすい靴で、履き心地もよかったので気に入っていたのですが、そろそろランニングシューズを買ったほうが良いのかな~、聞くところによると、靴は大事だというしな~。では、ちょっとパソコンをカタカタしてアマゾンのランニングシューズを見てみることにしました。いっぱい出てきました。あちゃ~、こんなにあるんだ。ストレスのたまらない程度に商品説明をチラチラ読んで、頭が疲れたところで画面を閉じましたが、ベストセラー商品などが目に留まりました。

今のところ靴の話題は置いときまして、先に足首の痛みを和らげないと、足首サポーターがいるな~、サポーターぐらいでネット注文するのも面倒なので、近くのドラッグストアーへ見に行きました。中へ入ると、あるわあるわ、こんなにあるんだったら私にとっては備品はネットよりもドラッグストアーのほうが便利だな~、なになに、サイズがある、そうか~、足首にもサイズの違いがあるのか~、知らなかった。 親切な店員さんからメジャーを借りて、右足首を測ると23.5㎝でした。商品を探すと、4メーカーぐらい置いてありましたが、私にとってバンテリンがだしている足首サポーターは、ふつうサイズで24~26㎝の範囲でサイズがわかりやすく、ちょっとだけ大きめのほうがしっくりくるのかな~と思ったのと、デザイン性や機能性もしっかりしてそうだったのでバンテリンにしました。

ついでに家にシップがなかったので、シップを探してみました。目線の棚には、たしか15枚で2500円ぐらいとかありましたが、足元の棚を見ると30枚で900円ぐらいだったかな~、白い服を着た店員さんに、これって何が違うの、なんで値段が違うの、と聞くと、 店員さんが「あ~、入っているお薬が違うんです」と言いますから、私は、効き目は違うの、と聞き返しますと、店員さんは「あ~、上の段のお値段の高いものは、効き目が強いんですよ」と言いますから、私は、そんなに違うの、と聞き返しますと、そこの店員さんは「たいして違いはありませんよ」と言いますから、私は笑顔でうなづいて、足元の商品を選んでみました。これで私の買い物は終りました。

週末がきました。足の痛みは少しだけマシになっていましたが、痛みは続いていました。今回は前回の10㎞を無理して走った反省から、5㎞だけ走ることにしました。走る前に、つけていたシップは外しました。ドラッグストアーで買ったさっきまでつけていたシップは「ダイハップi」という名前でしたが、私の場合はつけるとすぐにす~とした感じがして効いたような感じがしました。ちょっと前まで家にあった家族が医師の処方箋でいただいたロキソニンのシップもちょっと使ってみましたがす~と感じました。私にとってどちらのシップも効いた感じがしましたので、お値段以外にいったい何が違うのか私にはわかりませんでした。さて、足首のサポーターをつけて走るのは初めてです。サポーターの力というものを見せてもらおうかな。

5㎞走り終わりました。歩きながらクールダウンし、しばらく椅子に腰かけてから立ち上がりました。ズキ~ン! 前回の10㎞と違って今回は5㎞の距離でしかも足首サポーターつけているのに、やっぱ痛いのは痛いわ、サポーターの役割とは、もしかしてケガの予防がメインで、ケガする前につけるほうが効果発揮するのかな~、それとも今の私のケガではサポーターの効果が感じられないくらいの状態かもしれないな~、まる2週間こんな状態だしな~、来週で3週目に入り、未だに日々の400mランニングを止めて足首の回復に努めなければいけないのは通常の状態ではないしな~、そろそろ来週病院行って、骨なのか靭帯なのか筋肉なのか検査してもらおうかな~、どこを痛めているかわかったら、それなりに対策はとれるだろうし、安心して走れるだろうしな~と考えながら歩いて家へ帰りました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください